いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOPOuting ≫ てんこもり台湾 にわか鉄子になる

てんこもり台湾 にわか鉄子になる

せっかく遠い嘉義まで来たのでなにか珍しいものをと思い、名物の鶏肉飯を食べることに。
ノープランだったので地球の歩き方を参考に有名な「噴水鶏肉飯」へ。

鶏肉飯

嘉義駅から歩いて10分ほどの噴水跡のあるロータリー近くにありました。
暑い時期だと歩くのはちょっとしんどいかも。
奥の席に案内されたらすぐにおばちゃんが鶏肉飯を持ってきます。
大半の人が注文するからかな。
そのほかのものは指差し注文。
親切にも後ろに座っていたおじさんがカタコトの日本語で助けてくれました。

鶏肉飯

ごはんにのった鶏肉は七面鳥なんだとか。
↓の包丁を持ったおじさんが黙々とカットしていたもの。

鶏肉飯

甘辛いたれがしみ込んでいてさらりと食べられました。
孟宗竹の炒め物は優しい味で箸が進む進む。
魚のすり身団子入りのスープも鶏肉飯との相性が抜群。
もう一回食べたい…。

さてここから台北へ戻るのですが、オットーの趣味に付き合って鉄子に変身。
区間車という鈍行で台中へ向かいました。
電車だったので快適でしたが1時間以上かかったかな。

台中駅

茶芸館に行きたかったけれど時間がなく次の機会に。
最近流行りのオサレスポットという「宮原眼科」へ。

宮原眼科

駅から歩いていける距離にあるこちらは、日本統治時代に宮原さんという人が眼科をしていた建物を
日出というお菓子屋さんがリノベーションしてスイーツショップにしたもの。
当時の面影は外壁の一部分しかありませんが。
店の前の歩道にはテイクアウトのアイスを買う人がずらりと並んでいました。
店内はハリーポッターのワンシーンみたい。
ディスプレイもパッケージもオサレで店内のあちこちで撮影会していました(笑)

宮原眼科

こちらでのお買い上げはチーズケーキと太陽餅。

宮原眼科

試食したチーズケーキは濃厚でしっとり、ねりちゃんが喜びそうなテイスト。
チーズケーキが日出を有名にしたというのがわかるお味でした。
ところがコレ、冷蔵保存で4日間。
台北のホテルまで持ち帰るための保冷剤は付いていたけれど、ニホンまで持ち帰るのはちと厳しいので
帰国直前までホテルで冷凍しておいてもらいましたよ。
後で調べたところによれば、台中には他にもおいしいものがいろいろあるらしいし。
次回は1泊したいところ。

ようやく台北に向かいます。
ところがその日の自強号(特急)は席が無く、ずっと立ちっぱなしはつらいので莒光号(急行)に。
でもその莒光号も途中の新竹までしか座れず、あとは立たなければダメと窓口のおねえさんにいわれました。
が、誰も来なくて、結局約3時間、台北まで座って帰れたのはなぜでしょう。

改札を出るときに係員さんのいるところを通ると、ハンコを押してもらえるので切符を持ち帰ることができます。

切符

17時50分発の列車に17時49分に切符を買っても間にあったのは列車が15分ほど遅れていたから。
これはラッキーでした。
関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ