いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPOuting ≫ 今更ながら 年末の話と

今更ながら 年末の話と

明けましておめでとうございます。

年賀状は手を抜いて日本郵便のデザインを使ったのでヒツジのステッチはありません。

今年は3月にボッチーニが卒業の予定。
するっと内定をもらっているので、ようやく彼の
授業料・一人暮らしの生活費・国民年金保険料のトリプルパンチから開放されます。
またひとつ、オトナの階段を上った感じ。
これからはオットーと二人、老後の準備まっしぐらといったところ(笑)

子どもたちも社会人になることだし、なかなか休みも合いにくくなるだろうと思い
年末に家族で温泉へ行ってきました。
今までに行ったことがないところがいいというので、あわら温泉へ。
雪が心配だったので地元でスタッドレスのレンタカーを借りて出発。
慣れないクルマでオットーはお疲れ。
結果的には旅行中、車道に雪はなかったので、借りなくてもよかったけれど
こればっかりはそのときにならないとわからないから仕方ない。

団体旅行になじめないワガママ一家は、もちろん気まま旅。

鯖江では
めがねミュージアムで、終了間際にめがね型のストラップを作り、
土曜の深夜2時間しか開いていない、ちょっぴりマニアックなめがねのアウトレットでお買い上げ。
翌日は朝から永平寺へ。

永平寺


せっかく来たからしたいというオットーに付きあって座禅体験。
なのにオットーは開始早々雲水さんに姿勢を直される。
ボッチーニとワタシは記念に警策を受けてきました。
ねりちゃんは痛いのはイヤだからと警策はパス。
この機会にご朱印デビューしてきました。
これからお帳面持ってあちこちの神社に出没予定。

座禅をしても相変わらずの煩悩まみれの昼食は谷口屋の大きなおあげ定食。

おあげ定食


そこでしか食べられない半熟のおあげは、結局のところいわゆる「厚揚げ」。
辛い大根おろしとねぎにしょうゆをかけて食べるのは…。
きつねうどんのあげのような味がついているほうが絶対おいしいと思うんだけどな~。

霙混じりの露天風呂で
温泉は久しぶりだわ~と言えば
ねりちゃんにハンガリーで2月に入ったじゃないと言い返され思い出す。
あれは温泉というよりもスパだったから。

今回は現地で食べずに
三国の道の駅でタグ付きのカニと甘エビをお買い上げ。
自宅でさばいてカニ酢&鍋
カニ汁で余すところなくいただきました。

越前おろしそばはおあげと同様、辛い大根おろしがちょっと…。
お土産に持ち帰ったそばはいつものダシで食べたからおいしかったけどね。

ちょっと珍しい食べもの。
スーパーのプリンやヨーグルトのコーナーにドンと積まれていました。
紙の箱にべろ~んと入っています。

冬に水ようかん


水ようかんって夏の食べものなのに。
福井の人は冬にコタツに入って食べるのだとか。
それほど甘くなく、ほのかに黒砂糖の味がしてぺろりといただきました。


このトシになってもまだまだ知らないことがいっぱいで、知りたいことだらけ。
今年もまた興の趣くままに突き進んでまいります。
どうぞよしなに。
関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ