いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ ハンガリーで刺しゅう本を探すTOPOuting ≫ ハンガリーで刺しゅう本を探す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハンガリーで刺しゅう本を探す

旅行から帰ってきてはや1ヶ月経過。
いい加減ささっと書いてしまいたいのに、相変わらず筆が遅くて。
週末に大阪へ出かけるまでにはなんとかしたいと思っているところ。

民族博物館で教えてもらった図案本。
書店に行ったらあるかしらと、ミュージアムショップのお姉さんに尋ねたら
「ないと思うよ。だって、ワタシ、書店であの本を見かけたことは今までで一度もないから。」
という返事。
期待しないでとりあえず行ってみることにしたのが
アンドラーシ通りの書店「Alexandra Könyvesház」。
2階にはカフェ、ワインコーナーもあったりするオサレなショップ。

Alexandra Könyvesház

なにしろ字の読めないワタシ。
どこに何が置いてあるのかもさっぱりなので店員さんに丸投げ。
コチラのショップは英語が通じます。
パソコンで在庫確認をしてくれたのですが
案の定、「残念ながら扱っていないのよ~」という返事。
それならばと刺しゅう本のコーナーに連れて行ってもらいました。
だがしかし。
コレは!というような本に出会えず、あっさり撤退。

ちなみにハンガリーもイギリスと同様、
書店には雑誌は置いてありません。
雑誌は街角のニューススタンドみたいなところにありました。
字が読めないうえ、ニューススタンドの店員さんには英語が通じないのでお手上げ。
ディスプレイには刺しゅうの雑誌はありませんでした。
ニューススタンドは立ち読みができるような雰囲気ではありません。

ところがじっくり雑誌を手にとって眺めて購入できる場所はあるのです!
それは「空港」。
クロスステッチの雑誌を見つけました。

magazines

左側の雑誌はフランクフルトでgetしたドイツ雑誌。
なんだけど、フランス雑誌を翻訳したもので、付録の刺しゅう糸はメードインチャイナ。
右側の雑誌はブダペストの空港でgetしたハンガリー雑誌。
なんだけど、ドイツ雑誌を翻訳したもの。
…というなんとももやっとした雑誌でした。


結局、ハンガリーで刺しゅう本はほとんど手に入らなかった
と思うでしょ?
これは最終日の話。
しっかりたっぷりニホンに持ち帰っています。
続きは次回。
関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。