いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPFree-style Embroidery ≫ ハンガリーで刺しゅうをする

ハンガリーで刺しゅうをする

マチョー博物館で素晴らしい手仕事の数々を見てホワワ~ンと足が地に着いていない状態に。
そこから車で10分くらい離れたところの住宅街に向かいました。
そのお宅の中庭の奥には「工房」が!
そこで刺しゅうのレッスンを受けるよう手配してもらっていたのでした。
またもやテンションMAX!!!

まずはこちらで製作されている製品を拝見。
服だけでなく、いろんな小物もあって見ていて楽しい~。

工房にて

カロチャ刺しゅうとの細かな違いとか
下絵を描く時のマニアックなテクニックとかを聞いて、
ヲタクステッチャーフルスロットルとなりました(笑)

大きな窓のそばで作業しているおばあちゃん。

工房にて

おばあちゃんの頭の中にあるパターンでスモッキングができていきます。
画像に写っていない左側にもおばちゃんがいて
襟ぐりや袖口にボタンホールステッチをしていました。
ハンカチやクロスの縁編みをしていたおばあちゃんもいて
世間話をしながら作業が進んでいました。

スモッキングおばあちゃんの隣には既にレッスンの準備が。

工房にて

まったくの初心者のねりちゃんにはつきっきりでレクチャーしてくれましたよ。

工房にて

最初のうちはガイドさんもいてくれたのでよかったらしいのですが
このあとワタシがいろいろと工房のオーナーさんに質問したので
ガイドさんはワタシにかかりきり。
というわけでその後しばらく、ねりちゃんは師匠とハンガリー語のみでがんばりました。

1時間の予定が2時間以上滞在。
手作りのチョコレートケーキもいただきつつステッチして完成。

マチョー刺しゅう

右側より、師匠、ワタシ、ねりちゃんの作品。
ちょっとしたコツを教えてもらうと、やっぱり出来ばえが変わります。
でもさすが、師匠のは刺したところのふっくら感が違いました。
後は練習でしょうね~。
ねりちゃんは縁編みの仕方を教えてもらったので続きを編むそうです。
そのためにスマホで動画を撮ってました。

そしてお土産、というか復習用にいただいたものの一部。

マチョー刺しゅう

レッスンで使ったのはコットンの8番糸でしたが
コチラはシルク糸。
ツヤが違います。
もったいなくて使えません。

この日のステッチはこれで終了。
それから遅い昼食をとり、20kmほど離れたエゲル(Eger)観光へ向かったのでした。
関連記事






Comment

No title
編集
記事を読んでいる私までが、あつくなってきました。
一概に国の名前だけでは分からない土地毎の柄や指し方があるのは、どこの国でも同じですね。
だから手仕事は面白いのですね。
2014年04月08日(Tue) 16:52
谷間のゆりさんへ
編集
旅先で書いたメモや写真を見ると、
思い出してテンションが上がります。

谷間のゆりさんがウクライナで刺しゅうに出会われた時も
こんな感じだったのかしらと想像しています。
ネットのおかげで自宅に居ながらにして
世界中の刺しゅうを見ることができるけど
その土地に行って実際に触れてみるというのは
得難い経験です。
これははまりますねぇ…。
2014年04月09日(Wed) 19:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ