いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPShopping ≫ 昭和レトロな「実用刺繍」

昭和レトロな「実用刺繍」

ねりちゃんと買い物に行ったとき、気になるというのでいつもと違う柔軟剤を購入。
今週からその柔軟剤を使っているんだけど、なぜかその香りはワタシにとって「昭和」。
ねりちゃんにそのことを話してももちろんわかるはずもなく。
なんだかねぇ、バブル期だった青春時代(古っ!)を髣髴とさせる香りなの。
開発担当者がワタシ位の年齢なのか
それとも「あの頃よ再び」って感じで香りもリバイバルなのか…。
ねりちゃんはそこそこ気に入っているみたいだけど、ワタシは懐かしいと思うだけであんまり。
なのでやっぱり次はいつものダウニーかな。

昭和といってもバブル期よりもずっと前の本の話。
前回取り上げた「レース編物」と同じシリーズ。
昭和25年8月発行の初版本。
主婦之友家庭講座 第13輯 「実用刺繍」120円。

実用刺繍
どうやら以前の持ち主はこちらは利用したらしくカバーが傷んでいます。

お約束のレトロなカラーページ。
実用刺繍

実用刺繍

「実用」と謳っているだけあって、趣味として刺しゅうするだけでなく
内職して家計の一助とするように勧めています。
なので説明が詳しいのもありがたい。

時代が反映されているのか、まずは日本刺繍から。
実用刺繍
同封されている読者ハガキの切手が2円って!!

ページの大半を占めるのは欧風刺しゅう。
実用刺繍
白糸刺しゅうや区限刺しゅう、チュール刺しゅうやアップリケ、リボン刺しゅうど多岐にわたります。
内職を推奨するだけあって、ミシン刺しゅうという項目もあります。
もちろん昔の家庭用足踏みミシンを使って!
へぇ~ほぉ~の連続ですわ。

実用刺繍
絽刺しの説明なんて初めて見ました。

こういうレトロ本はたまに眺めて妄想に耽ります。
関連記事






Comment

編集
懐かしい紙面の本ですね。絽刺しは母が麻の葉と立て枠を組み合わせてバッグを作って居るのを見て未だ枠に張ってあるのが有った絽に取り掛かりましたががま口ほどの大きさなのに挫折して以来ちかずきませんでした。
2013年07月28日(Sun) 16:29
編集
谷間のゆりさん、こんにちは!

絽刺しの実物はまだ見たことがありません。
母の絽の着物を見て、こういう生地に刺すのね~と思うくらいで。
普段和服に縁のない生活を送っているのでピンときませんが
何年かしたら和装小物を作りたくなったりして。
いつの間にか和服は「着せてもらう」ようになってしまいました。
昔はいろんな帯の結び方もできたのに…思い出せるかしら。
2013年07月29日(Mon) 18:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ