いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPFree-style Embroidery ≫ 時間がかかったわけ

時間がかかったわけ

とりあえずメインのステッチが終わったところ。

イーラーショシュ

コレは昔ハンガリー領だったルーマニアのカロタセグ地方に伝わるイーラーショシュという刺しゅうなんだそう。
太い糸でみっちりとした1色刺しがワタシのツボ。
むか~し、農家のご婦人が刺されてたということでそれほど難しいテクニックはないだろうと軽い気持ちで始めてみたのですが…
思い通りに刺せない!!

基本は「オープンチェーンステッチ」という平べったいチェーンステッチなのですが
コレを整然と刺すのが思いのほか難しい。
まっすぐ刺すのも怪しいのに、カーブなんて至難のワザ。
脳内ではそれなりに刺せていても、実際はガタガタ。
整っていないところが「味」だというけれど、なんだかな~。
あまりにもヘボい腕にがっかりしてなかなか進まず。
おまけに使う針の先がとがっているタイプなので
しょっちゅう手に刺さって痛いし。

そしてなによりもやる気をそぐ1番の原因は「布のにおい」!
キットについてたリネンのにおいがそれはそれは強烈で…( ̄Д ̄;)
以前、DMCのリネンでも似たような経験があったけど、それよりもずっとひどいにおい。
封を開けたとたんに広がるえもいわれぬにおいは
麻独特のにおいなのか、何なのかわからないけどとにかく苦手。
当たりが悪かったのかなぁ~。
下絵がかかれていたので、それが消えては困るので洗うわけにもいかず。

縁の始末をしたら洗おうと思っているけれど、大丈夫かしら。
ルーマニア製とやらの青い糸、色落ちしそうで怖いわ。
関連記事






Comment

No title
編集
連続コメント失礼します。

この麻布、かなりの匂いですよね。

そして私洗いました。
印刷してある柄はまったく落ちませんでした(笑)

安いリネンなのか、引っかかるし、刺しにくかったです。
洗ったらだいぶいい感じになりましたよ(*^_^*)
2014年05月30日(Fri) 10:42
Piyoさんへ
編集
すんごいにおいでしたよ~コレ。
ワタシも洗ったのですが、Piyoさんと同じく、下絵は残っています。
少しはましになったけど、やっぱりにおいます(;´д` )
ハンガリーで買ってきたイーラーショシュのクッションはこんなにおいしないんだけどね。

下絵、お酢で消えると聞いたんだけど
どれ位の濃度にすればいいのかを聞いてなかった~。
詰めが甘いのよ、ワタシ。
2014年05月30日(Fri) 12:03
お酢の濃度ですが。
編集
かなり濃いめの瓶のままのお酢がいいみたいです。
そして食用お酢だと、かなーり臭いので、クエン酸を水に薄めて濃いめに作ったものを使ったりしています。

ハンガリー糸(パペット)やイーラーショシュの糸、かなり色落ちします。
特に赤と黒が。
ですので、必ずクエン酸にて色止めしないとアイロンのときに霧吹きしただけで滲みます。
お気を付け下さい。

わたしも昨日からデトバをやり始めました。
みんみんさんの青いほうの写真をガン見しながら♪
参考にさせていただいてます。

あと、昨日カロチャの始めてのリシュリュー入りのミニサイズですが、ドイリーができました♪
そのうちにブログに載せますね♪


2014年05月31日(Sat) 20:41
Piyoさんへ
編集
お酢の情報、ありがとうございます。
↑の青糸は色落ちしなかったけど
赤と黒がヤバイのですね。
赤と黒、持っているのです。カセで。
クエン酸、買ってこないと。

Piyoさん、リシュリューも手でかがったの?
それともミシンで?
うわー!気になるっ!!!
ブログ、楽しみにしています♪
2014年06月02日(Mon) 12:19
No title
編集
あ、かせで持ってますか?
もちろん私も(笑)
パペットも(笑)

ところで、ミシンでかがった方のリシュリューですが、実験したことあります。
http://blog.livedoor.jp/puananialoalo/archives/51745118.html
ミシンのフリーもショーンキルトができるので同じ要領でできました。
これはでもあまり可愛くないものができましたが・・・(~_~;)

2014年06月02日(Mon) 16:30
Piyoさんへ
編集
リシュリュー、ミシンでもチャレンジしたのですね。
さすがPiyoさん、キルトの先生はミシンも扱いなれているのですね。
うらやましすぎる~。
縁どりの部分に芯が入っているとは思いつきませんでした。
現地ではひたすら古い足踏みミシンの改良したのでせっせと作っているんだろうと想像しているのですが
これは実際に見てみたいものです。
いつかまたハンガリーへ行けるかしら…?
2014年06月04日(Wed) 14:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ