いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOPOuting ≫ 食べてきましタイワン

食べてきましタイワン

今回のお食事どころ。

・小籠包なら「鼎泰豊」
鼎泰豊
初タイワンだったらやっぱりココ。
今回は観光に含まれてたのでメニュー選択の余地無し。

鼎泰豊
もちろん薄い皮と繊細なひだで包まれた小籠包は肉汁たっぷりでおいしい。
青菜たっぷりの蒸餃子やエビ焼売も◎。
酸辣湯は酸味があまりきいてなかった。
お店もきれいだし、サービスもいいので文句なし。
でも、そろそろワタシは他のお店の小籠包にもチャレンジしたいところ。
鼎泰豊はなんばや梅田にもできたらしいから
やっぱりタイワンでしか食べられないところに行かないと…。


・お粥は「小李子清粥小菜」
小李子

MRT大安駅から少し南に歩いたところにあります。
入って正面にずらっとおかずが並んでるので好きなのをお皿に入れてもらいます。

小李子
おかずを選んで席に着いたらおばさんがたっぷりお粥の入った鍋を持ってきてくれます。
おかわりOKの芋粥。
大きなサツマイモがごろんと入ってました。
型崩れしていないのにお箸ですっと分けられるやわらかさ。

小李子
お粥はほとんど塩がきいていないので
それだけ食べると間の抜けた感じですが
おかずに味がしっかりついているのでいい具合に箸が進みます。
卵焼きはごぼうのようなのが入ってて食感もよかった。
二人で食べても200元でおつりがきました。

・フカヒレと鮑なら「台北儂來會館」
台北儂來會館

宿泊していたホテルから徒歩5分ほどのMRT行天宮駅近くにあります。
基本チープな屋台メシ専門のワタシですが、母と一緒ということもあってこのお店をチョイス。
1時半過ぎと遅めに入ったので先客はわずか。
店内は意外(失礼)とゴージャス。
台北儂來會館

オーダーしたのは鮑翅商業午餐。
いわゆるビジネスランチなのですが、なかなかどうしてあなどれません。
タイミングを見計らってサーブしてくれます。

前菜はキムチ風の和え物と蛤のにんにく醤油漬け。
蛤はつるんとしたのどごし。生っぽいので心配したけど大丈夫でした。

まずはサラダ。
台北儂來會館
シーフードサラダは和風ドレッシングで食べやすかった。

お楽しみのフカヒレ。
台北儂來會館
もやしと紅酢を入れていただきます。(パクチーはパス)
フカヒレは小さめですがたっぷり。
土鍋のおかげで最後まで熱々。

そして鮑。
台北儂來會館
ランチはリーズナブルなチリ産なんだとか。
小さめとはいえ直径8cmほどの柔らかな鮑がこれまた味のしみた大根の上にのってました。

もうおなかいっぱいに近づいているところに桜海老のおこわが。
台北儂來會館
コレはニホンジンも好きな味。

デザートは普通サイズのケーキが出てきてびっくり。
母のはチーズケーキでした。
赤いフルーツは何なのでしょう、おいしかったけどわからない。
台北儂來會館

タイワン紅茶もいただいて優雅なランチが終了。
大満足でお店を出ました。
こちらのディナーは千数百元からなのですが
ランチはなんと650元!!
10%のサービス料はかかりますが、それでもおねだん以上なのは間違いないと思います。
関連記事






Comment

編集
初めまして、いつも台湾から読み逃げしています。今日は台湾ネタで出てきました。
写真の卵焼きは干し大根入りです。これは台湾の家庭料理です。
そして、赤いフルーツは「蓮霧」といいます。
ずずしくコメントさせて、しかも下手な日本語で、すみません。
2012年12月22日(Sat) 22:55
編集
你好!Anyaさん

コメント、とってもうれしいです。多謝
卵焼きに入ってたのは干し大根だったのですね。
色が白くなかったのでごぼうと思い込んでました。
おいしいものがたくさんあるタイワンへは
胃袋を4つ持って行きたいくらいです(笑)
次回タイワンへ行くときにはいろんな情報を教えてくださいね(^○^)/
2012年12月23日(Sun) 12:48
編集
ぜひ、また空のスーツケースと胃袋を持っていらっしゃって下さい!
2012年12月25日(Tue) 00:54
Re: タイトルなし
編集
Anyaさん、こんにちは~。

昨日、Jetstarで関空~台北の片道航空券が1000円なのを見つけてポチりそうになりましたよ。
買ってきたお茶がなくなることにまた遊びに行きま~す。
次回は鶯歌へ茶器を買いに行くつもりなの♪
2012年12月26日(Wed) 13:43
編集
みんみんさん、こんばんは。

千円の航空券?安いですね。もし台北から関空へも千円で行けるなら、すぐ家族旅行を計画します。

お茶が好きな人なら、鶯歌は一度行って見るべき所だと思います。
きっと、お好きな茶器と出会うはずです。
もし時間があれば、その近くに「三峽」という町へ足を伸ばしてください。とても良い所ですよ。お勧めします。
鶯歌と三峽を結ぶバス便は頻繁に走ってますから、交通には問題ないですよ。
2012年12月27日(Thu) 00:01
編集
Anyaさん、こんにちは~。

期間限定のスペシャルセールで台北から関空へももちろん1000円なのよ。
でも、燃油サーチャージとか手数料がかかって結局片道10000円ほどになるんだけどね。

お茶も器も好きなので鶯歌にはぜひ行きたいと思ってます。
周囲に器に興味のある人がいないのでひとりでゆっくり見て回るつもりなの。
2012年12月27日(Thu) 11:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ