いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ ようやく貼りつけたTOPCartonnage ≫ ようやく貼りつけた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ようやく貼りつけた

なんかヘンと思いつつ、たまに使ってたのが「仕立て」という言葉。
「お」をつける必要があるのかどうか…。
例えるなら、「ビール」みたいな感じ。
「お酒」ならokだけど同じように接頭語をつけて「おビール」とすればなんだかビミョウ。
丁寧語のつもりだろうけど居心地が悪いので
「お仕立て」や「おビール」はワタシ的にはモヤモヤするグレーゾーンの言葉。
なので「お仕立て」という言葉は使わないと思う、これからは。

というわけで、先日仕立てたのがコチラ。
iStitch Designs Mystery SAL
iStitch Designs Mystery SAL

サイズがぴったりなカンはうちにずっと前からあったもの(気づけよ自分)
内側もなんちゃってカルトナージュで完成。
中にはRainbow Galleryの糸がスタンバイ。
カンの中身

刺しゅうしたのをカンに貼りつけたいけど、カンそのものがステキなのはそのまま使いたい。
そんなカンがコチラ。
お気に入りのカン

カルトナージュの道具を出したついでにこれらのカンの内側も仕立てました。
カンの内側

現在思案中のカンがコレ。
どうしようもないカン

いただきものの「観音王」という高そうな鉄観音。
カンの側面は気に入ってるんだけど、ふたのデザインがもひとつ。
変わった形なのでワタシのヘボいテクニックではふたに貼り付けるのは無理そう。
内側に手を加えるだけでそのまま使うしかないのでしょうか?
実はこのカン、6個もあるのです…。
関連記事






Comment

編集
こんにちは

布を貼るのが難しい形なので
デコる
というのはどうでしょう

手芸屋さんで好きそうなパーツとが
ビーズとかリボンとか買いこんで
(あ、もし罪庫にあればそれを使って)
ボンドまたはグルーガンでくっつける・・・

何個もあるならねりちゃんにも
やってもらったら楽しいかもですにょ

ではでは♪
2012年08月22日(Wed) 08:07
編集
ねぎさん、おはようございます~。

おおっ!デコるというのは思いつきませんでした。
罪庫もたっぷり、グルーガンも持ってるとくればやるしかないじゃありませんか(笑)
good ideaに感謝です。
こういうの、夏休みの工作にもよさそうですよね~。
2012年08月22日(Wed) 09:41
編集
私も何にでも「お」をつけるのにはちょっとなと以前から思ってました。
「お仕立て」と「おビール」は似てると思います!
私の場合「お教室」も何だかもやっとした表現に感じます。
全部何て言うか「おフランスざあます、オホホホホ!」の系統に思えてしまって
丁寧語と言うよりお上品に見せようとしてるうわべだけの言葉みたいで('゚ω゚)
ちょっと苦手。
(意見には個人差があります)
2012年08月24日(Fri) 17:10
編集
レイストリンさん、おはようございます~。

言葉って時代によって変わってくるところもあるし、個人差もあるしねぇ。
でも、レイストリンさんの意見とまったく同じです!!!

「お教室」なんてワタシにとっては「おビール」どころか「おワイン」並みにヘンな言葉です。
「お」をつけてお上品ぽくしてるけど、
そんな言葉を使う人は「お職員室」とか「お事務室」というのかとつっこんでやりたいわ…。

まぁ「お教室」は部屋そのものを指すのではなく、習い事を意味してるんでしょうけど。
なので「刺しゅうのお教室に行ってきました」というもやっとした文は、
「刺しゅう教室に行ってきました」で十分と思うのよ。
どうしてもお上品にしたいのなら
「刺しゅうのお稽古に行ってきました」なんてどうでしょう。
「お稽古」って死語かしら(笑)

「お」をつけて上品ぽく見せてるのが20代くらいまでの若い人ならなんとも思わないんだけど
それなりの年齢の人が使ってるのはちょっとイタイ気がします。

でもワタシ「お芋さん」とか「お豆さん」とかフツーに使うんですよ。
「お」どころか敬称までつけてるのってよく考えるとヘンじゃありません?
2012年08月25日(Sat) 10:32
編集
うわー!同意見の方がいらっしゃって安心しました。
>刺しゅうのお稽古に行ってきました」
の方が大人っぽい上品な表現に思います。
仰る通り言葉って変化しますから若い人が使ってるのは何とも思わないんですけどね。

使ってるのが年配の方だとなんとなく
「おフランスザンス。シェー!」の人に思えて引いてしまうんですよね~。(笑)
(意見には個人差があります)

「お芋さん」とか「お豆さん」は関西地方では普通に使う表現じゃないでしょうか。
主人が関西人なので義姉のそういう言い方を知ってるのでこれは変に思いません。
なのに「お教室」がなぜイヤミのセリフに思えるんだろう?
「お教室さん」と言えばいいのかも!
2012年08月25日(Sat) 16:54
編集
レイストリンさん、こんにちは~。

「お教室さん」だとなんだか許せるような気がするから不思議。
「お寺さんにお参りに…」っていうのと似てるからかしら。
でも、上品ぽくしたい人は「お教室さま」ってするかも(笑)

「お教室」に限らず、もやっとする「お」のついた言葉は
本当に品格のある人なら使わないだろうと思うのよ。
使ってるのはシェーとかスネ夫ママ系だと勝手に想像してます。

こんな話がレイストリンさんとできるなんてうれしすぎます!
お近くだったら茶飲み話したいですよ~。
2012年08月27日(Mon) 13:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。