いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPFree-style Embroidery ≫ いつか刺して着たいけど

いつか刺して着たいけど

今シーズンのThe Needlework Showをのぞいてきたけれど、もひとつ。
最近の新作で刺したいっ!!と思うようなのにはめったにお目にかかれない。
そのほうが罪庫も増えなくていいといえばそれまでだけど。

赤糸も完成したので、ようやくこちらに着手。
Anitaさんのチュートリアルは既に終盤に入っているのにまだまだ序盤のワタシ。
シャドウワーク以外のテクニックも少しずつ入ってきました。

Chikan embroidery
Chikan embroidery SAL By artisticfingers

今回のSALでチカン刺しゅうというものを初めて知ったので、どんなものなのかぐぐりましたの。
ステッチャーとして気になるのは「どんなステッチなのか」ということ。
右人さし指でたどり着いたのがチャイハネのページ
刺し方の説明は無いもののニホンゴで画像付き!
これはますます実物が見てみたい…と行ってきました、近所のショッピングモールに入ってるチャイハネへ。
目的のブツを発見!!もう、舐めるように見て、触ってきました(爆)
生成りのチュニックの前身ごろや袖にビタミンカラーで刺してありました。
でも↑のページにあるような様々なテクニックは使われておらず、シャドウワークとチェーンステッチ程度。
針目も大きいし、使われている糸の質も…。
手で刺しゅうがされてる分、ほかの商品よりはかなりお高めとはいえ、
諭吉どんでおつりが来るのでそれほどでもない。
若い子が数シーズン(ワンシーズンかも!)着るのならじゅうぶんでしょうけど。
Anitaさんが最近のチカン刺しゅうは商業化されてると嘆いてたのはこういうことなのかとちょっと感じる。
こうしてみやげ物よりは程度のいいものが手に入るのはいいことだし
作り手も豊かになるのなら言うこと無いけど。
ワタシはもう少し質のいいものが欲しい。
そういうのもあるんでしょうけど近くで売ってないし、あっても欧米もの並みの価格なんでしょうね。
で、チャイハネにシンプルな白地のチュニックが有ったのでそれを買って
白糸でAnitaさん直伝のチカン刺しゅうをしようかなと妄想したのよ。
でもニホンでこういうのを着るのはちょっと勇気がいると思いません?ワタシたちの世代って。
どうもとある信者さんのイメージが強くって。
上下揃いでなければ大丈夫かしら。
関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ