いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPFree-style Embroidery ≫ ポロトコタンでアイヌ刺しゅう

ポロトコタンでアイヌ刺しゅう

3日目は登別をスタートしてさらに東へ。
白老にあるポロトコタンへ向かいました。



昨年行った阿寒湖のアイヌコタンは立派な劇場があるけれど、民芸店が多く、お買いもののイメージがありましたが、こちらは博物館。

広い敷地には「ポロト」(大きい湖)

DSC_1910.jpg


「チセ」(茅葺の小屋)が点在していて静かでした。

DSC_1935.jpg

前回のアイヌコタンは行ったときにそこで刺しゅうの体験ができることを知りましたが、予約が必要だったので断念。
なので今回は早めに予約をしておきました。
当日は何組かの校外学習や修学旅行があったので、一番奥にある「ポンチセ」(小さい家)で体験することに。

DSC_1913.jpg

伝統工芸の展示もありました。

DSC_1917.jpg


指導はそこの元職員のかた。ギフトショップではそのかたのすばらしい作品がいくつも販売されていました。
体験の刺しゅうはコースターにワンポイントの簡単なものでしたが、なにしろ体験者はワタシひとり。
体験ではしないようなちょっと複雑なステッチを実演していただいたり、アイヌ刺しゅうにまつわるいろんなお話をうかがったりと、ステッチャーとしてはうれしい限りでした。

少々待ちくたびれていたオットーと合流して、「サウンチセ」(手前の家)でアイヌのお話と古式舞踊を見学。

DSC_1925.jpg

民族博物館ではアイヌの衣食住について知ることができます。

DSC_1936.jpg

気になるのはやっぱり刺しゅう。

DSC_1930.jpg

アイヌ刺しゅうは大まかに分けると、チェーンステッチがメインの「チヂリ」、モラとよく似たアップリケの技法「カパラミㇷ゚」、テープ状の布をアップリケする「ウルンペ」の3つになるそうです。
取り掛かりやすいのはチヂリかな。
ギフトショップで参考書籍をお買い上げ。

少し早めの昼食はミュージアムカフェのリムセで、アイヌの伝統料理「オハウ」をいただきました。
天気がよかったので戸外のテーブルで。

DSC_1937.jpg

オハウは鮭と野菜のスープのことだそう。
あぶらののった鮭と大きめ昆布がコクをだし、大きなジャガイモと大根で食べ応えもありました。

またひとつ、刺しゅうの世界が広がりました。



関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ