いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ ぐるりと台湾TOPOuting ≫ ぐるりと台湾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ぐるりと台湾

台北から高雄まで新幹線で台湾の西側を通ってきた翌朝、向かったのは高雄駅。

高雄駅

ここからさらに南下します。
自強号(特急)はディーゼルカーでしたが乗り心地はよかったの。

自強号

1時間ほどで到着したのは枋寮駅。

自強号

列車の待ち時間があったので駅前の果物店へ。

パパイヤ

玉文というマンゴーは愛文より大きくてずっしり。

マンゴー

カットフルーツを買って暑い中駅に戻り、次に乗る列車を見て愕然。

車両

オットーから1日に1本だけの普快車(鈍行)に乗ると聞いていたけれど、こんなに古いとは。
コレ、多分、日本製だろうな~。
乗客も、鉄道ファンと思しき人が数人だけ。

車両

エアコン無しの上、扇風機も壊れているのか動かないのがいくつか。
窓を開ければ風は入ってくるけれど、容赦ない強さなので目が乾く…。
そして単線なのか、特急が追い越すときや対向車が来るときは鈍行のこちらが時間待ち。
そんなときはとにかく暑い。
オットーは昔はこんな列車が走ってたよなと懐かしそうに言うけれど、今の快適な車両に慣れきった体にはかなりきつかった。
レトロな雰囲気を楽しむ余裕がありませんでした。
冬だったらよかったのに。
景色は南国ののんびりした感じが素晴らしかったのよ。

窓から見た景色

この南廻線は1990年代にできたそうです。

2時間30分の暑い車中を乗り切って着いたのは台東駅。

台東

大きな駅でしたが周囲に何もありませんでした。
ここで乗り換えたのは最新の普悠瑪号(プユマ号)。

プユマ号

日本製の振り子式列車なんだって。

プユマ号

オットーは台東駅の売店で買ったビールでおやつタイム。
ワタシは古い車両では食べる気がしなかったのでココで遅めの昼食をいただきました。
快適な4時間を過ごして台北へ戻ってきました。


ホテルにチェックインして向かったのは寧夏夜市。
高雄のと比べるとこじんまり。

夕食の鶏肉飯は蔡嘉義火鶏肉飯で。
火鶏肉なので七面鳥だろうけど少なめでした。

鶏肉飯

お約束のなんちゃってエビフライと

エビフライ

並んでも食べたいタロイモだんごも忘れずに。

タロイモだんご


関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。