いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ ハンガリーでお祭りさわぎTOPOuting ≫ ハンガリーでお祭りさわぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハンガリーでお祭りさわぎ

Hévíz(ヘーヴィーズ)の温泉湖へ行った前日はブダペストから北へ100kmほど離れたHollókőへ。
ニホンゴなら「ホーロッケー」とか「ホーロッコー」と呼ばれる世界遺産に指定されている小さな村。
観光地とはいっても普段は静かなところらしいのですが、年に一度のイースターフェスティバルには村中がお祭りさわぎだというので行ってきました。

Hollókőはブダペストからだと週末は1日1便の直行バス(約1時間半)しかないという不便な場所なので、前回のMezôkövesd(メズークヴェシュド)と同様、プライベートツアーをお願いしました。

村に早めに到着しないと混雑して遠いところの駐車場になってしまうということで、ドライバー兼ガイドさんがホテルに迎えに来てくれたのは午前7時。
おかげで渋滞もなく、村のインフォメーション近くに駐車できました。
帰りにはるか向こうの丘にある駐車場へゆるゆると歩いている人を見たときに大変さがわかったけど。

到着したのは9時過ぎ。
まだお祭りの準備中という感じだったので、高台にあるお城へ。
意外と急な坂道だったので、息が切れました。
ホッローケー城の石はカラスが運んできたという伝説があり、そこからホーロッケーという地名がついたそうです。
ホー(カラス)ロッケー(石)なんだって。

Hollókő

お城から見た村。
教会のまわりにパローツ様式とよばれる白い壁と入母屋の茶色い屋根の家が見えます。

Hollókő

ちなみにお祭りの2日間は入村料が必要で、その代わりに村内の普段入場料が必要な施設には無料で入れます。
コレが入村料を払ったしるし。
クロスステッチのチャートみたいでしょ?

Hollókő

城内をぐるりと見学して村に帰ってきたら、ちょうどミサが始まったところでした。

Hollókő

いましたよ、伝統衣装に身を包んだ村人が、いっぱい。

Hollókő

何重にも重なっているのであろうペチコートと刺しゅうがとってもかわいい。

Hollókő

後姿が超キュート。

Hollókő

この日はなんちゃって写真家になってしまいましたよ。
若い女性は基本、何もかぶっていません。
既婚女性は帽子をかぶっていて、未亡人になると上下ともに黒い衣装になります。
男性は帽子の有無が未婚と既婚の違いかどうかはわからないけれど、このおじさまたちのコートもステキでした。

Hollókő

赤い部分はフェルトで切り抜き模様になっていました。

ホーロッケーのイースターのお祭りはLocsolás (ロチョラーシュ)とよばれる水かけが有名なんだとか。
元々は花に水をやるという意味なんだけど、転じて女性を花にみたてて、いつまでも美しく輝いていて欲しいという意味をこめて男性が女性に水をかけます。
というわけで、村の男性はバケツを持ってウロウロしています。

Hollókő

バケツはインフォメーションセンターでも売っていました。
パターンはクロスステッチでしたよ。

Hollókő


村の若い女性はバシャッとかけられていましたが、観光客には濡らした指先をちょっとはじく程度なのでご心配なく。
ワタシも何度もかけられたので、少しはうるおったかも(笑)

小さな村なのでぐるっとまわるだけなら1、2時間もあればじゅうぶんだけど、その日はこんな感じであちこちに出店が。

Hollókő

うちから刺しゅうを持ってきて売っている人も。

Hollókő

刺しゅうやさんもありました。

Hollókő

ショップではハンガリー各地の刺しゅう製品を販売していたけれど、さすがにカロチャはなかったかな。
メインはやっぱり赤と青が基調のパローツ刺しゅうでした。

お昼は伝統的なパローツ料理をいただき、村の素朴な焼き菓子も食べ、いろいろ買ってホテルに戻ったのは午後5時。
ガイドさんがずっとつきっきりなので説明も的確で快適。
でも、「ずっといてくれる」というのは安心だけど気疲れするものなのね。
セレブな人なら当たり前なんだろうけど、野良犬(笑)なので少しは放っておいてほしい なんちゃって。

関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。