いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPFactory outlet ≫ たった1時間だけのアウトレットとますのすし

たった1時間だけのアウトレットとますのすし

総曲輪というバス停から笹津行きのバスで向かったのは「とやまオムニパーク」。

ますのすしミュージアム

「栗山」というバス停から数分歩いたところに「リブラン」という富山のお菓子メーカーのアウトレットショップ(工場直売所)があります。
このロストショップの営業時間が驚き。
たったの1時間!!

リブラン

到着したのが12時過ぎだったので、既に品薄。
やっぱり開店前に並ばないと。

リブラン

今回は銘菓メインでお買い上げ。
画像奥のロールケーキの切れ端は150円。
買ってすぐに食べてしまったとろとろプリンも絶品でした。
どれも半額以下なので、お財布に超やさしい。

リブラン

次に向かったのは広い車道をはさんで斜め前の「ますのすしミュージアム」。
観光バスが吸い込まれていくところなので、地元の人は行かないんじゃないかな。
まずは昼食。
団体さんとは仕切られたスペースでランチをいただくことができます。
お食事どころは11:30~14:00と昼食限定だけど、意外とリーズナブル。
お庭を眺めながら秋の季節御膳を。

ますのすしミュージアム

ますのすしもぶりのすしも厚みがあり、ほど良い酢飯が美味。
富山といえばの氷見うどんは、どうしてもさぬきうどんと比べてしまうので残念なコシでしたが。
食後は工場見学と展示をじっくり眺めて、オットーと合流。
お土産はもちろんますのすしとぶりのすし。
ますのすしは駅弁祭りでよく見るタイプじゃなく、富山県限定の特選を。
ぶりのすしはしょうがと昆布、スライスされたかぶらとせん切りのにんじんがアクセントになってて意外とあっさり。
今回はメジャーな源のますのすししかいただいてないけれど、富山ではあちこちのカイシャがますのすしを作っているんだとか。
もしまた行くことがあれば、いろんなところのますのすしを食べてみたい。

それにしても疑問。
駅弁って1個がひとり分だけど、ますのすしって丸いのが1人前なの?
ワタシなら6等分か8等分した2切れでじゅうぶん。
列車でますのすしをまるっと1個いただくのはちょっと…ねぇ。

関連記事






Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ