いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2015年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
      
≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

奥深いインド刺しゅう

先週末、大阪へ行ったのはコレのため。

インド刺しゅう


国立民族学博物館のワークショップに参加するためでした。
忠実再現!インド西部の刺しゅう布」ってタイトルからして魅力的じゃありませんか。
トータル3回のワークショップは刺しゅう経験者対象というのも本格的な感じがして応募していたの。
定員は12名だったけれど、マニアックなので余裕で大丈夫と思っていたら、実は応募者が多くて抽選だったとか。
幸運にも参加する機会をいただいたので堪能してきました。

インドやその周辺のアフガニスタンやパキスタンでも見られるミラーワークの中で、今回はインド西部のグジャラート州カッチ県が対象でした。
刺しゅうのテクニックはもちろん、実物をじっくり見ることもでき、また、それを刺している人々の暮らしや文化的、社会的な背景なども解説していただけたのでかなり充実した内容だったと思います。

ミラーワークは何冊か和書で見たことがあり、某所の課題で刺したことはあったのですが、やっぱり現地の刺しかたとは違いました。
その昔、現地で習得したミラーのつけ方がそうだったのか、それとも、ニホンジンの誰かが「こうしたほうがきれいにできる」と改良した方法なのかはわかりませんが。
手持ちの洋書(現地を訪れた欧米人の著書)に載っている方法ともちょっと違うのよね。

ワタシのお気に入りは「バワリヤ」。
ニホンでは「編み刺し」といわれていてジャバクロスのようなカウントできる布にステッチするのが一般的。
なんだけどそれをフツーの布にステッチしているのが個人的にツボ。

先日の3回目のワークショップで模写したものは提出したので手元になく、残っているのは練習した布。

インド刺しゅう


恥ずかしいことにその怪しいヤツは14日まで他の参加者の作品と一緒に館内で展示されています。
ワークショップは10時半から4時までと長かったので、他の展示物をゆっくり見ることができなかったのが心残り。
日曜は図書室も閉まっていたし、見たいビデオもいくつかあるのでまた行かないと。

ちなみにみんぱくでは
始めの一歩 やってみようミラー刺しゅう」と題して
8月までの毎週木、土曜の午後にワークショップが行われているので参加してみてはいかが?






About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ