いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      
≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ミレシュカのエチュード

「エチュード」といえばオサレに聞こえるけど、早い話が「練習」。
刺しっぱなしでおいとくのもなんだかな~で一応それらしく仕立てました。
アイロンをしていないのでいい具合にヨレッとしてますが。

習作

奥のが先日刺していたミレシュカの一般的なヤツ。
左右はお手軽フリンジ、上下は本に載ってた「Tooth edge」という縁の始末で。
手前のは本によれば「small scale merezhka」というのだそう。
ビミョーに残っていた手染めのパールコットンを使い切ってなんちゃってブックマークに。
共にZweigartのダブリンリネン(25ct)にパールコットンの8番を使って刺しました。
本には32ctも使うように書いてあったけど
さすがにそれだと目がショボショボになりそうでワタシには無理だろうなぁ~。

先日も書いたけど、師匠とその助手がコチラ。
参考書

中央の本によれば、今回刺したミレシュカはウクライナのドロンワークの独特なステッチらしいのですが
それ以外にもサテンステッチやアイレット、いろんなかがりが多用されています。
ミレシュカは右から左(左利きの場合は逆)に一列ずつ刺していくところが特徴的で
そこはこぎん刺しと似ているともいえなくはありません。
この本を扱っている数少ないニホンのショップはコチラ
ほかにもマニアックな洋書を扱っています。

左の本はドイツのハーダンガー雑誌なのですが、アジュールやミレシュカの作品も掲載されています。
ハーダンガーと組み合わせたものもいくつか。
ミレシュカの説明はあっさりとしているのでコレだけでは不十分だけど、作品のヒントにはなります。




↑の本とかを眺めていると、世界にはいろんな刺しゅうがあるのだな~と感じるのですが
その大半はその地域のフツーの人たちが刺しているので、難しくないはずだと思うのです。
きれいに刺すにはある程度の練習が必要でしょうけど。
フランスのオートクチュールや京刺しゅうの様な「職人ワザ」は別として。
スポンサーサイト






About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。