いけいけどんどん ** Minmin's Favourites **

ステッチャーみんみんの煩悩にまみれた日々をつづる駄文。兼フリーチャートの備忘録。
2012年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年10月
ARCHIVE ≫ 2012年10月
      
≪ 前月 |  2012年10月  | 翌月 ≫

刺しゅうのマニュアル、それも日本語で無料

朝からOnline Needlework Showをウロウロ。
いつもと同様、コレといったのに出会わず。
ワタシの好みが最近の流行から外れてることの証拠かしら。
下手に購買意欲を刺激されなくて良かったのかもしれない。
んが、しっかりお買いものしてます。
理由はオークション。
出品してると何気に見てしまうのです、人様の出品物を。
罪庫減らしのはずなのに…。
ワタシの出品物は糸やら布、チャートなんていうかさばらないものがメイン。
なのに落札したのは重厚長大(笑)

そんな本棚のスペースをかなり使うのがコレ。
open canvas
今はなき雄鶏社が出版した「オープンキャンバス」というハードカバー。
厚さは2.5cm、定価は驚きの7,730円!!
バブルの頃だから出版できたのかしら。
しみったれなワタシ、樋口さんoverは学術書でもなければ買いません。
唯一の例外はいつぞやのクリスマスカレンダー本…。
今回もお手ごろ価格で手元にやってきました。

いわゆる技法書なのですが、日本語訳なのが非常にうれしい。
簡単とはいえ、それぞれの歴史や特徴についてニホンゴで読めるなんて感涙もの。

ドロンワークやハーダンガーほどメジャーでない
ReticelloやHedebo、フィレのニホンゴの解説なんて貴重だと思います。
ちなみにReticelloは「レティツェロ」、Hedeboは「ヘゼボ」と訳されてます。

open canvas
こんなカラーはほんの十数ページ。
表紙にある6つの技法をマスターするためのサンプラーが用意されていて
それぞれのテクニックについて図と文で解説してあります。
持っているだけで刺せるような気分にさせてくれるありがたい本といったところでしょうか。

これほどマニアックではありませんが、それなりにお役立ちなマニュアルがあります。
それもニホンゴ、もちろんフリー。
なんとうれしいフレーズでしょう。
↑の本に載ってるようなハーダンガーやアジュール、ヒーダボーを含むいわゆる「西洋刺しゅう」というものだけでなく「日本刺しゅう」や「中国刺しゅう」もあります。
実はそれだけでなく編み物やレース(ボビンレースやフィレレース!)の解説も。
ヘタな本より間違いなく充実した内容でしたよ。
公開してくれてる特許庁さまありがとう。
ステッチャーさんなら「4-1-2 西洋刺繍」がよろしいかと。





About Me

みんみん(Minmin)

Author:みんみん(Minmin)
天罰下るその日まで
人に厳しく己に甘い
態度のでかい
へなちょこヲクサン。


Family Members:
・目指すは「昼行灯」。いつもポジティブシンキングのオットー

・寝ることと食べることそしておしゃべりをこよなく愛するねりちゃんは現在勤務先でひとり暮らし中

・理系草食男子のボッチーニも社会人2年目。ひとり暮らし継続中



オークションはひと休み
   

About This Blog
掲載の作品等はデザイナー、出版社、メーカーなどに著作権があります。画像の配布・複製・転載はご遠慮下さい。
本文の内容はワタシのアヤシイ知識と情報に基づいておりますので信憑性については保証できません。
リンクはご自由に。お知らせいただけると喜びます。
フリーチャートについてのご質問やお願いについては対応できませんのでご遠慮ください。
Mail Form

Name:
Mail Address:
Subject:
Message:

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ